公立大学法人 都留文科大学

Think Globally, Act Locally

キャンパスライフ

ライフスタイル

更新日:2021年2月4日 ページ番号:0000360

一人暮らし

太田 裕佳子さん
英文学科 鳥取県出身

Campus life

つる子どもまつりの実行委員として活動してきた太田裕佳子さん。「地元の方々と共におまつりを創り上げるなかで都留への愛着も芽生え、第二の故郷になりました」と笑顔で話します。
外食はあまりせず、昼食も家で簡単に済ませる反面、一人暮らしの友人仲間とは頻繁に集まり、誰かの家で食事会を楽しむなど、堅実で豊かな学生生活を送っています

一人暮らし1
一人暮らし2一人暮らし3一人暮らし4

Lifestyle
大学近くのアパートでの一人暮らし

大学から徒歩2分ほどの学生専用アパートで、一人暮らしをしています。日当たりの良い6畳のワンルーム。少し古いのですが、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ付きで、収納も十分あり、満足しています。

アルバイトは大学の掲示板で探し、河口湖畔の郷土料理店やリニア見学センターなどで働きました。現在は、時間の自由が利く登録制の警備員。富士急ハイランドや相模湖のイベントで駐車場警備などしています。

収入
奨学金 45,000円
仕送り 30,000円
アルバイト 35,000円
合計 110,000円
支出
家賃 30,000円
食費 28,000円
貯金 20,000円
交際費 15,000円
通信費 6,000円
光熱費 6,000円
雑費 5,000円
合計 110,000円

一日の流れ

一日の流れ_一人暮らし

自宅通学

五味 尚也さん
英文学科 山梨県出身

Campus life

ESSやT.I.T.C.など、最大4つのサークルに所属し、幅広く活動してきた五味尚也さん。英語の勉強にも励み、英検1級も取得しました。「日本中から集まって来ている友人との交流は、視野を広げてくれました。友人達と誰かの部屋に集まって、夜通し語り明かしたことも楽しい思い出です」と振り返った4年間。4月からは、東京での一人暮らしが始まります。

自宅通学1
自宅通学2自宅通学3自宅通学4

Lifestyle
甲府の自宅から、片道1時間半の電車通学

甲府市の自宅から電車を乗り継いで通学しています。片道約1時間半。音楽を聴いたり本を読んだりして過ごします。昼休みは、友人と学食へ。空き時間は、図書館で勉強していることが多いですね。

サークル活動やゼミの集まりで遅くなったときは、一人暮らしの友人に泊めてもらいます。みんな気軽に「いいよ」と言ってくれるので、ありがたいです。お小遣いはもらわず、休日や長期休暇にアルバイトをしています。

収入
両親からの交通費 25,000円
アルバイト 35,000円
合計 60,000円
支出
交通費 25,000円
交際費 15,000円
被服費など 15,000円
雑費 5,000円
合計 60,000円

一日の流れ

一日の流れ_自宅通学

ケース1 一人暮らし

徒歩通学/奨学金あり

収入
奨学金 51,000円
アルバイト 60,000円
合計 111,000円
支出
家賃 43,000円
食費 15,000円
貯金 25,000円
交際費 10,000円
通信費 8,000円
光熱費 10,000円
合計 111,000円

ケース2 自宅通学

電車通学/奨学金あり

収入
奨学金 45,000円
アルバイト 20,000円
合計 65,000円
支出
交通費 21,000円
貯金 30,000円
交際費 14,000円
合計 65,000円

一人暮らしの学生が多く大学の近くで暮らしています

ケース2自宅通学の画像1

都留は学生向けのアパートが多く家賃相場も抑えられています

ケース2自宅通学の画像2

全国各地から学生が集まっています

ケース2自宅通学の画像3

2020年データ