公立大学法人 都留文科大学

Think Globally, Act Locally

新型コロナウイルスワクチン(武田/モデルナ社)の異物混入について

更新日:2021年9月2日 ページ番号:0005726

​令和3年8月31日(火)、厚生労働省より、神奈川県の新型コロナウイルスワクチンの接種会場において使用された武田/モデルナ社ワクチン(販売名:COVID-19 ワクチンモデルナ筋注)の
一部に異物が確認される報道がありました。
本学職域接種で使用するワクチンが同一ロットであることが判明したところです。
しかし同一ロットの他のバイアル(瓶)については、有効性及び安全性に問題はなく、当該ロットのワクチンの接種を差し控える必要はないとの結果が、同省より報告されました。
本学では、ワクチンをシリンジに充填する前後で、異物の混入がないか確認を徹底し使用してまいりますので、どうぞご安心ください。​

 

 
接種会場 ロット番号
都留文科大学 Lot 3005286

 

厚生労働省新型コロナウイルスワクチンの異物混入についてのプレスリリース​ [PDFファイル/248KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)