公立大学法人 都留文科大学

Think Globally, Act Locally

国際交流センター

リジャイナ大学 短期海外語学研修

更新日:2021年2月4日 ページ番号:0000043

カナダ・リジャイナ大学(UNIVERSITY OF REGINA)はカナダの中央部の太平原に位置する大学で、教育環境と施設ともに大変充実しています。語学研修所(ESL=English as a Second Language)の教育内容は独自にしてきめ細かく、近隣のホストファミリーの支援を受けて展開されるプログラムです。

研修実施内容
場所 カナダ サスカチュワン(Saskatchewan)州 リジャイナ市
概要 インストラクター、スタッフ、カンヴァセーションパートナー、ホストファミリーが綿密に連携し、週ごとに設定されたテーマに沿って、語学研修、文化体験、リサーチなどが一貫した形でおこなわれます。多民族国家カナダを象徴するように、サスカチュワン州にも多くの異文化が存在します。異文化理解が日常の大きな課題になっているカナダにおいて、コミュニケーションの手段としての言語修得に取り組むことは大きな意義のあることです。このような環境で語学研修することは格別な意義と有効性があります。
期間 夏期研修:夏休み期間中(8月上旬出発)3週間
春期研修:春休み期間中(2月下旬~3月上旬出発)3週間
研修内容および特色など 英語能力初級者から上級者まで、すべての人に対応したきめ細かい、厳しい集中特訓研修です。将来の海外留学を視野に入れたプログラムも整え、環境の整った4年制総合大学ならではの豊かさのなかで、カナダの多文化社会への理解を深めます。学内はグループ行動、学外は個別行動として、ホームステイを通した家庭型生活体験を重視しています。研修終了後の帰途、短期の研修旅行も予定されています。
  • 日本からの複数の大学が参加する合同プログラム
  • Oral Communication,Multicultural Society,Personal Objectiveの3要素に焦点を当てた集中研修
  • 研修中は日本語禁止
  • 地域社会にねざした多文化社会への理解
  • 質の高いESL教授陣と充実したカリキュラム。手厚いスタッフ(日本人カウンセラー、アシスタントとカンヴァセーションパートナー)
  • さまざまな野外見学と課外活動(小旅行)
  • 4年制総合大学としての豊かな教育環境
  • 全泊ホームステイ(ホストファミリーの管理運営が充実しており、プログラムスタッフとの連携が密にとれています。)
※夏期研修と春期研修の内容は同じ
宿泊 全泊ホームステイ
研修費用 50~60万円。この中には、海外旅行保険費用(全員必ず加入)、成田往復の交通費、現地での交通費、お土産代、洗濯代、その他の個人的な費用は含まれません。
定員 夏・春 各15名
本学における
科目名および単位
海外語学研修Ⅰ~Ⅲ
単位:2単位
担当 国際交流センター
夏期研修と春期研修の違い
  夏期(8月) 春期(3月)
ハウジング ホームステイ
家に帰っても英語を話す。
カナダに家族ができる。
いろいろな所に連れていってもらえるかもしれない。
家族のペースで生活する。
夏期と同じ
プログラム内容 都留文科大学など参加する日本の大学生のためにデザインされている
都留文科大学生、あるいは日本の他の大学からの参加者と同じクラス(ただし能力別クラス分けあり。家は別々)
リジャイナの講師陣は都留文科大学生の英語の問題点をよく分かっている。
午前中授業。午後はカウボーイキャンプやカヌー乗りなどのアクティヴィティ。
原則的に夏期と同じ。
ウインタースポーツ中心のアクティビティ。
非常に寒い。外はマイナス20度ぐらいになることもある。
日本人カウンセラー いる いる
その他 成田集合、成田解散 成田集合、成田解散
大きな違い 快適な気候
研修参加費が春期より高め
研修参加費用が夏期より安め
非常に寒く防寒対策が必要

リジャイナ大学「留学体験談」

リジャイナ大学 短期海外語学研修3カルチャーショック、英語力ショック、講義やディスカッション、試験の苦しみを乗り越えて得た貴重な体験について語ってくれています。来年度の派遣に備えている人、これから挑戦しようという人、読んで参考にしてください。

リジャイナ大学「留学体験談」はこちら