公立大学法人 都留文科大学

Think Globally, Act Locally

地域社会学科

社会学科は2018年4月に「地域社会学科」に生まれ変わりました。

地域社会学科の画像

地域社会学科

地域で活躍できるグローバルな視点を持った人材を育成

学びの特色

理論と実践を結びつける学びをアクティブに展開

Point1

現代社会が直面する地域課題を実践的に解決

現代社会が直面する地域課題を実践的に解決の画像少子高齢化や社会保障負担の増大といった社会全体が直面する課題の解決には、地域に根差した分析と行動が不可欠です。本学科は、地域的視点と国際的視点の両面から地域課題を的確に捉え、日本や世界の各地でより良い地域の形成に貢献できる人材を育成します。

 

 

 

 

 

 

Point2

課題把握と分析に必要なスキルを身につけ知識基盤を築く

課題把握と分析に必要なスキルを身につけ知識基盤を築くの画像1、2年次は、高校での地理歴史、公民の知識を土台に、地域社会の課題を把握、分析するために必要な基本的なスキルを習得します。また、人文社会科学関連科目や国際関係科目を通じて、課題を幅広い観点から分析する際に基盤となる知識を広く学びます。

 

 

 

 

 

 

Point3

多彩で柔軟な4コース制

多彩で柔軟な4コース制の画像3年進級時に、「地域経営」「公共政策」「環境社会」「教育文化」の4コースから1コースを選択。各コースに開講される4つのゼミのいずれかに所属し、2年間かけて、専門分野の学びを深め、実践力を高め、卒業論文の執筆へとつなげます。

 

 

 

 

 

 

Point4

アクティブラーニングで4つの力を鍛錬する

アクティブラーニングで4つの力を鍛錬するの画像さまざまな人々と一緒になって問題解決に向けて活動するためには、地域理解力、構想力、行動力、そして協働力が必要です。確かな力を育むため、1年次から実践的能力を重視し、グループディスカッションやディベートなど、アクティブラーニングも積極的に導入しています。